ユーオスグループロゴ

基幹系からWEB系、開発からパッケージ提供など各種サービスのソリューションを提供する「ユーオス・グループ」

UOSについて

ユーオス・グループとは

  • 【1】 ユーオス(UOS)=User Oriented Systems Group
  • 【2】 ユーオス・グループは、ユーザーの視点に立つたITサービスの提供をめざします。
  • 【3】 ユーオス・グループは、IBMマーケットビジネスに携わるIT関連企業の集団です。
  • 【4】 ユーオス・グループは『競業の中に協業あり』の精神をもって、会員相互で切瑳琢磨し、
    会員各社の発展をめざします。

ユーオス・グループの理念

  • 【1】 ITサービスの提供を通して、社会の発展に貢献すること。
  • 【2】 会員各社のビジネス展開に直接・間接に貢献すること。
  • 【3】 ITサービスの提供を通して、IBMマーケットのビジネス活性化に貢献すること。

ユーオス・グループ活動の目的(会員の期待)

  • 【1】 営業チャネルの確保、拡大
  • 【2】 協業チャネルの確保、拡大
  • 【3】 各種情報(ビジネス動向、技術動向)のタイムリーな収集
  • 【4】 人脈形成
  • 【5】 技術者育成と技術者交流の促進
  • 【6】 経営者の自己啓発・相互啓発、経営者の育成

ソリューション

ユーオス・グループのパンフレット

パンフレット(PDFデータ)がダウンロードできます。

ご挨拶

ユーオス・グループは、2016年度に加入300社を超える大きな組織へと成長いたしました。 そして今年、35周年を迎えることができました。
これは、ひとえに諸先輩のご努力と、会員各社の積極的な活動の賜物と感謝いたします。

理事長 中村 哲

「INNOVATION(創造変革)!! 」

34年の創造的変革を続けるユーオスDNAを未来へ繋ごう

ユーオス・グループ 理事長
中村 哲

2017年度より、前任の武藤理事長から熱き闘魂を引き継ぐべく理事長を拝命いたしました。


【ユーオスの魂】

300社、35年の節目を超える今年、今後の更なる飛躍を志向しユーオス魂を磨いていくうえで、古きを訪ね新しきを知る年にしたいと考えました。流行り廃りで変わっていく部分、変えなくて良い部分を会員の皆様としっかり見極めて行きたいと考えます。


【情報の共有】

近年の世界情勢、IT技術が激動は、それらの機会と脅威にタイムリーに対応することを益々難しくしています。ユーオスグループは、さまざま企画を通してIBM様をはじめとした最新情報やトレンドをより多くの会員の皆様に引き続きお届けすることができるようにしたいと考えます。また、会員間の活発な情報交換で、会員の個々のお客様の異なるニーズに、より柔軟で迅速な対応を可能にするように今後とも取り組みたいと考えます。


【コミュニケーションの増進】

ユーオスグループは、SNSをはじめとしたコミュニケーション手段の進化の中にあって、フェース toフェースのコミュニケーションを大切しています。ビジネスが始まる前に人間関係を作っておくことが大切と考えるからです。しかし、支部間のコミュニケーションという点については見直しが必要な時期に来ているかもしれません。今まで通りに支部毎の自立性を損なうことなく、自由に幅広い話題のコミュニケーションに取り組みたいと考えます。


【UOSという非日常】

UOSは、ITや会社の事業そのものではありませんが、一見競合する会社が一同に会することで、しばし日常の業務から離れて情報や意見を交換できる場所です。UOSに参加することで、日々の仕事に追われてなかなか手の付けられない問題・課題、急いで解決する必要はないけれど重要なテーマを、いつも思い出させてくれます。そうした意味で、UOSは非日常の場所でもあります。この非日常がやがて、日常に役立つ日が必ず訪れます。つまり、「UOSの非日常が会社の日常を豊かにする」、これもUOSの大きな価値であり大切にしていきたいと考えます。


ユーオスがこれからも会員の皆様にとって魅力のあるグループであると同時に、日本の企業のベストITパートナー集団を目指し努力いたしますので、今後とも皆様のご支援を賜りたくよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る